缶コーヒー「BOSS」は“ボス顔”と飲む楽しさアピールし絶好調

公開日: 更新日:

 サントリー食品インターナショナルが展開する缶コーヒー「BOSS」は、発売以来20年以上も成長を続けているロングセラーブランドだ。2014年は新シリーズ「プレミアムボス」も加わって、対前年比106%となる8810万ケースを販売。缶コーヒー市場全体では、コンビニのカウンターコーヒーなどの影響を受けて微減しているだけに、この伸びは大きい。15年1~9月も前年比105%と絶好調だ。

 仕事の合間にホッと一息。1992年、BOSSは“働く人の相棒コーヒー”として誕生した。

「当時、缶コーヒーといえば自動販売機で購入する人が多く、1日に3本も4本も飲んでいる。そんなヘビーユーザーのメンタリティーや働き方などを世相も含めて研究し、ニーズに寄り添う味を作りだした」(食品事業本部ブランド開発第二事業部の大塚匠氏)

 初代ボスは青缶の「スーパーブレンド」。深い味わいの傑作は、いかにもボス的な男性の顔が描かれたパッケージも受けて、見事スタートダッシュに成功した。以来、ラインアップ拡充とともに右肩上がりを続けるが、これは幅広い商品群に加え、話題性のあるテレビCMやキャンペーンなど、常に新しさ、楽しさを全面に打ち出す戦略で認知度を高めてきたからこそ。ブランド力の勝利である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

  2. 2
    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた

    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた

  3. 3
    戸田恵梨香に仕事連続ドタキャン報道…「おめでた説」を打ち消す“新たな憶測”

    戸田恵梨香に仕事連続ドタキャン報道…「おめでた説」を打ち消す“新たな憶測”

  4. 4
    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

  5. 5
    妊娠説も飛び交う戸田恵梨香の異変…事務所から周回遅れの“新婚休暇”か

    妊娠説も飛び交う戸田恵梨香の異変…事務所から周回遅れの“新婚休暇”か

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    巨人の中田翔獲得は完全裏目 謹慎なく起用しチーム空中分解とV逸の一因に

    巨人の中田翔獲得は完全裏目 謹慎なく起用しチーム空中分解とV逸の一因に

  3. 8
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

  4. 9
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”