缶コーヒー「BOSS」は“ボス顔”と飲む楽しさアピールし絶好調

公開日:  更新日:

 サントリー食品インターナショナルが展開する缶コーヒー「BOSS」は、発売以来20年以上も成長を続けているロングセラーブランドだ。2014年は新シリーズ「プレミアムボス」も加わって、対前年比106%となる8810万ケースを販売。缶コーヒー市場全体では、コンビニのカウンターコーヒーなどの影響を受けて微減しているだけに、この伸びは大きい。15年1~9月も前年比105%と絶好調だ。

 仕事の合間にホッと一息。1992年、BOSSは“働く人の相棒コーヒー”として誕生した。

「当時、缶コーヒーといえば自動販売機で購入する人が多く、1日に3本も4本も飲んでいる。そんなヘビーユーザーのメンタリティーや働き方などを世相も含めて研究し、ニーズに寄り添う味を作りだした」(食品事業本部ブランド開発第二事業部の大塚匠氏)

 初代ボスは青缶の「スーパーブレンド」。深い味わいの傑作は、いかにもボス的な男性の顔が描かれたパッケージも受けて、見事スタートダッシュに成功した。以来、ラインアップ拡充とともに右肩上がりを続けるが、これは幅広い商品群に加え、話題性のあるテレビCMやキャンペーンなど、常に新しさ、楽しさを全面に打ち出す戦略で認知度を高めてきたからこそ。ブランド力の勝利である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る