缶コーヒー「BOSS」は“ボス顔”と飲む楽しさアピールし絶好調

公開日: 更新日:

 サントリー食品インターナショナルが展開する缶コーヒー「BOSS」は、発売以来20年以上も成長を続けているロングセラーブランドだ。2014年は新シリーズ「プレミアムボス」も加わって、対前年比106%となる8810万ケースを販売。缶コーヒー市場全体では、コンビニのカウンターコーヒーなどの影響を受けて微減しているだけに、この伸びは大きい。15年1~9月も前年比105%と絶好調だ。

 仕事の合間にホッと一息。1992年、BOSSは“働く人の相棒コーヒー”として誕生した。

「当時、缶コーヒーといえば自動販売機で購入する人が多く、1日に3本も4本も飲んでいる。そんなヘビーユーザーのメンタリティーや働き方などを世相も含めて研究し、ニーズに寄り添う味を作りだした」(食品事業本部ブランド開発第二事業部の大塚匠氏)

 初代ボスは青缶の「スーパーブレンド」。深い味わいの傑作は、いかにもボス的な男性の顔が描かれたパッケージも受けて、見事スタートダッシュに成功した。以来、ラインアップ拡充とともに右肩上がりを続けるが、これは幅広い商品群に加え、話題性のあるテレビCMやキャンペーンなど、常に新しさ、楽しさを全面に打ち出す戦略で認知度を高めてきたからこそ。ブランド力の勝利である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る