「おいしい無糖」もバカ売れ…「午後の紅茶」の積極戦略とは

公開日: 更新日:

 キリンビバレッジの「キリン 午後の紅茶」が前年比アップを続けている。2013年はレギュラーシリーズのリニューアルなど積極的な展開が奏功。ブランド全体で年間4690万ケースを売り上げ、4年連続で過去最高販売実績を記録した。

 この絶好調は10年から取り組む戦略の成果だ。

 86年に日本初のペットボトル入り紅茶飲料として誕生した「午後の紅茶」は、右肩上がりに成長。97年には販売実績が4000万ケースを突破し、「午後ティー」人気を不動のものにする。

 ところが、同年をピークに売り上げは下降。理由は、飲料カテゴリー間の競争の激化だ。そこで原点回帰。03年に、午後の紅茶は「アイスティー」であることを大々的に訴求すると、再注目を得て上昇傾向に。06年には、甘さ控えめで「実はヘルシー」な点をアピールし、販売数を大きく伸ばした。そして10年、今も続く戦略がスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

もっと見る