「おいしい無糖」もバカ売れ…「午後の紅茶」の積極戦略とは

公開日: 更新日:

 キリンビバレッジの「キリン 午後の紅茶」が前年比アップを続けている。2013年はレギュラーシリーズのリニューアルなど積極的な展開が奏功。ブランド全体で年間4690万ケースを売り上げ、4年連続で過去最高販売実績を記録した。

 この絶好調は10年から取り組む戦略の成果だ。

 86年に日本初のペットボトル入り紅茶飲料として誕生した「午後の紅茶」は、右肩上がりに成長。97年には販売実績が4000万ケースを突破し、「午後ティー」人気を不動のものにする。

 ところが、同年をピークに売り上げは下降。理由は、飲料カテゴリー間の競争の激化だ。そこで原点回帰。03年に、午後の紅茶は「アイスティー」であることを大々的に訴求すると、再注目を得て上昇傾向に。06年には、甘さ控えめで「実はヘルシー」な点をアピールし、販売数を大きく伸ばした。そして10年、今も続く戦略がスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る