「おいしい無糖」もバカ売れ…「午後の紅茶」の積極戦略とは

公開日:  更新日:

 キリンビバレッジの「キリン 午後の紅茶」が前年比アップを続けている。2013年はレギュラーシリーズのリニューアルなど積極的な展開が奏功。ブランド全体で年間4690万ケースを売り上げ、4年連続で過去最高販売実績を記録した。

 この絶好調は10年から取り組む戦略の成果だ。

 86年に日本初のペットボトル入り紅茶飲料として誕生した「午後の紅茶」は、右肩上がりに成長。97年には販売実績が4000万ケースを突破し、「午後ティー」人気を不動のものにする。

 ところが、同年をピークに売り上げは下降。理由は、飲料カテゴリー間の競争の激化だ。そこで原点回帰。03年に、午後の紅茶は「アイスティー」であることを大々的に訴求すると、再注目を得て上昇傾向に。06年には、甘さ控えめで「実はヘルシー」な点をアピールし、販売数を大きく伸ばした。そして10年、今も続く戦略がスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る