グループ上場で注目 郵便局のお得「新サービス」がこんなに

公開日:  更新日:

 4日の日本郵政グループの1・4兆円の上場劇。社内持ち株制度で株を購入した郵便局の職員も「小遣いができた」とホクホク顔だ。ただし、株を買えなかった人には「なんだかなぁ~」な話。そこで一般人でも使えるお得なサービスを調べてみた。

「なんか、アタシやることないわね」と、ちょっぴり寂しそうに呟くマツコ・デラックス。若い女性局員が「一言添えれば……」とボソ。

 すると、マツコが余計なお世話とばかりにキツイ目を向ける。

 年賀はがきの無料宛名書きサービスをアピールする日本郵便のテレビCMだ。

「宛名書きの“丸投げ”は、今年から始まった新サービスです。お客さまは、過去に受け取った年賀はがきを郵便局に持ち込むだけ。コンビニなどで全員の住所の登録が必要ですが、その手間暇が省けます」(日本郵便・広報室担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る