日本郵便 年賀ハガキに込められた12年越しの壮大ロマン

公開日:  更新日:

 2015年用の年賀ハガキが発売中。来年は未年だが、12年前に発売されたお年玉付き年賀ハガキのデザインを覚えているだろうか。タテ14・8センチ、ヨコ10センチのそれには、一人の女性の壮大なロマンが隠されていた。

 まずは03年用の年賀ハガキ(写真(1))を見ていただきたい。定価を示す料額印面のヒツジが編み物をしている。すぐ下にある年賀マークは毛糸、くじ番号にはマフラーが描かれている。

 そして15年用(写真(2))。料額印面のヒツジはマフラーを巻き、年賀マークの毛糸は消え、くじ番号には帽子と手袋が。12年前に編み始めたマフラーが完成し、そのお披露目というわけ。毛糸はなくなったが、12年後までに帽子と手袋を完成させるつもりのようだ。なんともロマンチックな物語ではないか。

 この2つのデザインを手掛けたのが、切手デザイナーの星山理佳さん(40)。今年3月まで日本にたった5人しかいなかった(現在は7人)エキスパートである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る