日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本郵便 年賀ハガキに込められた12年越しの壮大ロマン

 2015年用の年賀ハガキが発売中。来年は未年だが、12年前に発売されたお年玉付き年賀ハガキのデザインを覚えているだろうか。タテ14・8センチ、ヨコ10センチのそれには、一人の女性の壮大なロマンが隠されていた。

 まずは03年用の年賀ハガキ(写真(1))を見ていただきたい。定価を示す料額印面のヒツジが編み物をしている。すぐ下にある年賀マークは毛糸、くじ番号にはマフラーが描かれている。

 そして15年用(写真(2))。料額印面のヒツジはマフラーを巻き、年賀マークの毛糸は消え、くじ番号には帽子と手袋が。12年前に編み始めたマフラーが完成し、そのお披露目というわけ。毛糸はなくなったが、12年後までに帽子と手袋を完成させるつもりのようだ。なんともロマンチックな物語ではないか。

 この2つのデザインを手掛けたのが、切手デザイナーの星山理佳さん(40)。今年3月まで日本にたった5人しかいなかった(現在は7人)エキスパートである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事