日本郵便 年賀ハガキに込められた12年越しの壮大ロマン

公開日:  更新日:

 2015年用の年賀ハガキが発売中。来年は未年だが、12年前に発売されたお年玉付き年賀ハガキのデザインを覚えているだろうか。タテ14・8センチ、ヨコ10センチのそれには、一人の女性の壮大なロマンが隠されていた。

 まずは03年用の年賀ハガキ(写真(1))を見ていただきたい。定価を示す料額印面のヒツジが編み物をしている。すぐ下にある年賀マークは毛糸、くじ番号にはマフラーが描かれている。

 そして15年用(写真(2))。料額印面のヒツジはマフラーを巻き、年賀マークの毛糸は消え、くじ番号には帽子と手袋が。12年前に編み始めたマフラーが完成し、そのお披露目というわけ。毛糸はなくなったが、12年後までに帽子と手袋を完成させるつもりのようだ。なんともロマンチックな物語ではないか。

 この2つのデザインを手掛けたのが、切手デザイナーの星山理佳さん(40)。今年3月まで日本にたった5人しかいなかった(現在は7人)エキスパートである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る