事件報道の「住所不定」「自称-」ってどんな人なの?

公開日: 更新日:

 事件報道で「住所不定」「自称××」という表現をされることがある。でも、何かヘンだ。身柄を拘束されて警察で事情聴取を受けながら、“得体が知れない”とは、いったいどんな状態なのか。

「本人が住所や職業などを話していても、身元を明らかにするものを所持していなかったり、勤務先に問い合わせても確認が取れない場合に、『住所(居)不定』『自称××』と発表します」(捜査関係者)

「住所不定」は、何もホームレスのように家のない人とは限らない。本籍が分かっていても、今住んでいるところが分からない場合も含まれる。

「会社勤めではなく、非正規のアルバイトなどを転々としている容疑者に多いですね」(全国紙記者)

 住居はあるが詳しい住所が確認できていないときは「住所(居)不詳」となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る