忙しい師走 お歳暮はいつまでに贈るのがマナーなのか?

公開日: 更新日:

 とにかく忙しいのが師走。気づけばお歳暮をまだ贈っていないという人もいるのでは。そもそもお歳暮はいつまでに贈るのがマナーなの?

「決定版『贈る』と『お返し』のマナー」(主婦の友社)などの著書があるマナーアドバイザーの松本繁美氏によれば、「12月20日ごろまでが目安。かつては31日までOKという地域もありましたが、今は全国的に時期が前倒しになっており、11月末に贈る人も。今年は遅くとも、22日か23日までには届くようにすべきです」。

 今から品物を選んでちゃ間に合わない! という場合は裏ワザがある。

「25日までに届くのであれば、クリスマスラッピングにして、季節のご挨拶にするのも手です。その際、贈り先の宗教は確認しておくこと。それも間に合わなければ、いっそのこと、お年賀として贈る方が気がきいています。関東では7日まで、関西では15日までが松の内で、それまでに届くようにします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  8. 8

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る