• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

忙しい師走 お歳暮はいつまでに贈るのがマナーなのか?

 とにかく忙しいのが師走。気づけばお歳暮をまだ贈っていないという人もいるのでは。そもそもお歳暮はいつまでに贈るのがマナーなの?

「決定版『贈る』と『お返し』のマナー」(主婦の友社)などの著書があるマナーアドバイザーの松本繁美氏によれば、「12月20日ごろまでが目安。かつては31日までOKという地域もありましたが、今は全国的に時期が前倒しになっており、11月末に贈る人も。今年は遅くとも、22日か23日までには届くようにすべきです」。

 今から品物を選んでちゃ間に合わない! という場合は裏ワザがある。

「25日までに届くのであれば、クリスマスラッピングにして、季節のご挨拶にするのも手です。その際、贈り先の宗教は確認しておくこと。それも間に合わなければ、いっそのこと、お年賀として贈る方が気がきいています。関東では7日まで、関西では15日までが松の内で、それまでに届くようにします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る