持病あるなら要注意 避難生活「死亡リスク」はこう減らす

公開日:  更新日:

「エコノミークラス症候群に気をつけて」――。余震が続く熊本で医師が避難民にこう呼びかけている。同じ姿勢を保つことで血管に血栓ができ、それが肺に飛んで呼吸困難などを引き起こす病気。すでに死者も出ている。

 地震や台風などで避難を余儀なくされた場合、心配なのはエコノミークラス症候群だけではない。高血圧や糖尿病などの持病がある人も心身が弱まり、不測の事態に陥りかねない。

「持病のある人は、普段から心の準備をしておくべきです」とは医学博士の左門新氏だ。

「高血圧の人は血圧降下剤を、心房細動の人は血液をサラサラにする薬を箱に入れて、すぐに持ち出せるようにする。糖尿病の人はインスリン注射を忘れないようにしてください。病気の人は薬局で『お薬手帳』をもらい、避難所で医療関係者に見せて適切な薬をもらうことが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る