熊本地震現地ルポ 本紙記者も痛感した「車中泊」の苦しみ

公開日:  更新日:

 熊本地震の2次被害が拡大している。自宅前で車中泊を続けていた熊本市西区の女性(51)が18日、「エコノミークラス症候群」で死亡した。車の中で長時間、同じ姿勢を取り続けたことなどが原因だという。これまで20人以上が同症候群の疑いで病院に搬送されており、状況は悪化する一方だ。

 震度7を記録した益城町で車中泊を続ける40代女性は疲れた様子でこう話す。

「避難所に入れなかった人だけでなく、空き巣が入らないか心配な人も自宅前に車を止めて寝泊まりしています。人が多くて騒がしい避難所で寝られない人は続々と車中泊を始めています」

 夜の熊本市内を車で移動すると、コンビニや道路、スーパーの駐車場に多くの車が止まっているのを目にした。車内では老若男女がシートを倒し、寝づらそうにしていた。


 本紙記者も本震があった16日から2泊3日をコンパクトカーの中で過ごした。「安全を保証できない」という理由で、熊本市内のホテルに宿泊を断られたためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る