<第1回>今からでも遅くない「募金」 貯めたポイントもOK

公開日:  更新日:

 熊本地震は発生から1カ月が過ぎた。現地では、今も1万人を超える避難者が慣れない日常を強いられ、心身ともに弱っているという。そんな現状に心を痛めているサラリーマンは多いだろう。かといって、家族や仕事を抱える身では、ボランティアに行くのも容易ではない。自宅にいながら熊本、大分を支援できないか、調べてみた。

■携帯やスマホから手軽に募金

「ドラえもん募金」のように、すでに受け付けを終了した募金活動もあるが、まだ受け付けを継続しているものも数多くある。

 これらの寄付金は、用途によって2種類ある。ひとつは、被災地の義援金配分委員会が決定した配分額に応じて被災者に届けられる「義援金」。もうひとつは、NPOやボランティア団体の活動支援に使われる「支援金」だ。募金の受付窓口によって、自分が「義援金」として寄付するのか「支援金」として寄付するのかを選べる場合も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る