<第1回>今からでも遅くない「募金」 貯めたポイントもOK

公開日: 更新日:

 熊本地震は発生から1カ月が過ぎた。現地では、今も1万人を超える避難者が慣れない日常を強いられ、心身ともに弱っているという。そんな現状に心を痛めているサラリーマンは多いだろう。かといって、家族や仕事を抱える身では、ボランティアに行くのも容易ではない。自宅にいながら熊本、大分を支援できないか、調べてみた。

■携帯やスマホから手軽に募金

「ドラえもん募金」のように、すでに受け付けを終了した募金活動もあるが、まだ受け付けを継続しているものも数多くある。

 これらの寄付金は、用途によって2種類ある。ひとつは、被災地の義援金配分委員会が決定した配分額に応じて被災者に届けられる「義援金」。もうひとつは、NPOやボランティア団体の活動支援に使われる「支援金」だ。募金の受付窓口によって、自分が「義援金」として寄付するのか「支援金」として寄付するのかを選べる場合も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る