公選法で禁止も…選挙前の「宣伝活動」どこまでOKなのか

公開日:  更新日:

 選挙が始まる前に特定候補への投票を呼びかける「事前運動」は公職選挙法で禁じられている。しかし実際には、選挙前からデモや街宣で「○○さんを国会へ送ろう!」「選挙区は○○、比例は△△!」などと叫んでいるケースもある。いったい、どこまでならOKなのか。

「公職選挙法により、選挙運動は、選挙の公示・告示日から選挙期日の前日までしか行うことができません。選挙運動とは判例などから“特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為”を指します。しかし具体的にどのような言葉を使うと“選挙運動”にあたるかという基準はありません」(総務省選挙課)

 そのため、疑わしい投票の呼びかけが横行している格好。ただ、場合によっては、「○○さんに投票してください」との言い方をしなくても、事前運動と判断されることもある。昨年4月に行われた静岡市長選挙では、落選した陣営が選挙前に、候補者名と「市長選出馬」「当選すれば、史上初の女性静岡市長誕生」などと書いたビラを大量配布した。これが事前運動にあたるとして、現職市議や選挙プランナーなどが次々に逮捕されている。

「違反の疑いがあるかどうかは、総務省や選挙管理委員会ではなく警察が個別に判断します。その上で、最終的には司法が判断します」(総務省選挙課)

 明確な基準がないせいで、素人目には明らかな事前運動に思えるようなものもまかり通っているというのが実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る