日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都は把握せず…公園の“ジャブジャブ池”水道料金いくら?

 夏場になると小さい子供たちで賑わう公園の水遊び場、通称、ジャブジャブ池。都立だけでも木場公園や舎人公園、駒沢公園など17の公園に設置されている。広さは200平方メートルから2000平方メートルまでさまざまだが、どこもふんだんに水が使われている。水道料金も結構かかるんじゃないの?

 都の公園課に聞いてみたが、「ジャブジャブ池にどれくらいの水道料金がかかっているかはわかりません。公園全体の水道料金もちょっと今すぐには……循環式なのでそんなにかかっていないと思いますが」と曖昧な答え。これ以上聞いても暖簾に腕押しと判断し、区立公園にターゲットを変更。

 電話したのは北区。夏休み期間はほぼ毎日水を流すなどジャブジャブ池の運営に積極的で、特に十条と赤羽の間の「清水坂公園」は、山の渓流をイメージした“流れ”と呼ばれる全長150メートルの水路に毎分約5トンの水を放流するなど、ジャブジャブ池好き(?)には知られた公園。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事