首都圏路線価上昇の裏で…中古マンションに“暴落”サイン

公開日:  更新日:

「2年くらい前から賃貸の家賃が急落し、40万円は下らなかった都心の物件が月20万円台にまで下がりました。それでも借り手がつかず、大家は敷金ゼロなど“実質値引き”に踏み込んでいます。家賃が安くなれば何千万円もの住宅ローンを35年間にわたり払う意味がなくなり、中古マンション価格が下落するのは当然の流れです」

 しかし、今月からフラット35の金利が史上初の0%台に突入。マンション購入を迷っている人も少なくないはずだ。

「これから竣工する都心の物件は、高値掴みするリスクが高い。購入は避けた方がよさそうです。ただし、“完成在庫”と呼ばれる未入居の新築マンションは別です。ディベロッパーは新築の売れ残りを嫌がるので、完成在庫は狙い目です。私のオススメは完成在庫がたくさんある横浜と川崎エリア。強気の姿勢で交渉すれば、『住友不動産』以外のディベロッパーは値引きに応じるかもしれません」(榊淳司氏)

 不動産検索サイトで「新築分譲マンション」を探し、気に入った物件に「即入居可」と書かれていたら、それが完成在庫だ。積極的に値引き交渉してみよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る