• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神戸は“ジャッキ式”で10人死傷 橋の手抜き工事はこんなに

 神戸市北区で建設中の橋桁が国道に落下した事故は、作業員10人が死傷する大惨事となった。当時、橋が落下した国道は交通規制しておらず、一般車両やドライバーを巻き込みかねない状況だったのだから怖い。出張だ営業だと何かと外出する機会が多いサラリーマンは、どんな工事をしている橋が危険なのかを押さえておく必要があるだろう。

■過去に何度も事故

 問題の事故は兵庫県警が原因を解明中だが、落下した橋桁の西側を支えるジャッキ4基のうち2基が崩れ落ちたことが分かっている。このジャッキを使用した工事は、過去に何度も事故を起こしていた。

 1991年3月、広島市の新交通システム「アストラムライン」の建設現場で15人が死亡。95年12月にも横浜市の日本鋼管鶴見製作所浅野ドックで作業員が死亡している。97年9月には、今回の神戸の工事を担当した横河ブリッジが、北海道千歳市の高速道路の橋桁取り付け工事中に事故を起こしていた。今回と同じ「送り出し工法」を採用、3人の作業員が亡くなっている。98年6月にも、今治市の来島海峡大橋の建設現場で、仮設の橋桁が落下、作業員7人が転落死した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る