五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載9970回 永六輔の残したもの <4>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 永さんは途中からテレビの世界に疲れたのだろうと思う。秒単位で仕事が進む状況では、たぶん自分の考えていることを十分に語りきれないと感じたにちがいない。
 その点、ラジオはより個人的で、より多くを語ることができる。要するに自由度が高いの…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  9. 9

    嵐、小倉智昭、安藤優子…東京五輪“花道卒業”総崩れの後味

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る