変額終身保険vs確定拠出年金 老後資金でどっちが得か?

公開日: 更新日:

 老後の生活資金としてにわかに脚光を浴びている2つの金融商品のうち、どちらがお得なのか? 最近、銀行窓口でも販売されている「(積立利率)変額終身保険」。保障は一生涯続き、自分が死んだら奥さんや子どもに最低の基本保険金額は支払われる。しかも、運用で儲けた分は死亡保険金額にプラス。特約を付ければ、死亡保障の全部または一部を「年金」に変更もできるし、「要介護4や5」に認定された場合は死亡保険金の一部を生前受給することもできる。いわゆる、至れり尽くせりの保険を売り文句に、大型ショッピングセンターなどに入っている保険相談所では、しきりと勧められることが多い。

 一方、来年1月から制度が変わる「確定拠出年金」はどうか。元は企業年金を持たない中小企業のサラリーマン向けと自営業者のための年金だったが、公務員や主婦、企業年金のあるサラリーマンでも、一定の条件をクリアすれば加入することができるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る