• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

経団連の数字と実状に差 冬ボーナスが過去最高って本当か

 冬のボーナス平均92万7892円、過去最高を更新――。

 ホンマかいな? 実はこの金額、トヨタやパナソニックなどの大企業が加盟する「経団連」のみの数字。アベノミクスの経済効果と大騒ぎしているが、わずか48万人分の統計に過ぎない。

 中小零細も含めた“本当”の数字は半分にも満たないのだ。

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると、全労働者のうち、ボーナスを支給されるのは85%。そのもらえる4187万人の平均額は37万1676円だ。同じく民間シンクタンクのみずほ総合研究所の平均額も、37万393円とほぼ同額だった。これは厚労省「毎月勤労統計調査」の夏ボーナス36万5008円の水準とも一致する。つまり、今冬のボーナスは1人当たり37万円前後だと考えればいいようだ。

 そんな中、急速に金額が伸びているのが、国家公務員のボーナスだ。今月10日に支給されたボーナスは、平均69万8500円で前年比でなんと6・1%のアップ。もっとも、日刊ゲンダイでも何度か指摘しているが、この平均額は「管理職および非常勤を除く一般行政職(=平均年齢36・4歳)」だけの数字で、2人に1人が管理職という国家公務員の組織構成を考えれば、実際は経団連並みの数字になるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る