経団連の数字と実状に差 冬ボーナスが過去最高って本当か

公開日:

 冬のボーナス平均92万7892円、過去最高を更新――。

 ホンマかいな? 実はこの金額、トヨタやパナソニックなどの大企業が加盟する「経団連」のみの数字。アベノミクスの経済効果と大騒ぎしているが、わずか48万人分の統計に過ぎない。

 中小零細も含めた“本当”の数字は半分にも満たないのだ。

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると、全労働者のうち、ボーナスを支給されるのは85%。そのもらえる4187万人の平均額は37万1676円だ。同じく民間シンクタンクのみずほ総合研究所の平均額も、37万393円とほぼ同額だった。これは厚労省「毎月勤労統計調査」の夏ボーナス36万5008円の水準とも一致する。つまり、今冬のボーナスは1人当たり37万円前後だと考えればいいようだ。

 そんな中、急速に金額が伸びているのが、国家公務員のボーナスだ。今月10日に支給されたボーナスは、平均69万8500円で前年比でなんと6・1%のアップ。もっとも、日刊ゲンダイでも何度か指摘しているが、この平均額は「管理職および非常勤を除く一般行政職(=平均年齢36・4歳)」だけの数字で、2人に1人が管理職という国家公務員の組織構成を考えれば、実際は経団連並みの数字になるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る