鑑定団で曜変天目茶碗に2500万円 骨董“一獲千金”の狙い方

公開日: 更新日:

 本人評価額100万円が2500万円――。20日放送の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)にビックリした人も多いだろう。徳島市のラーメン店店主が自宅の納屋にしまっていた陶器を鑑定依頼。世界に3点しかない「曜変天目茶碗」と認められたのだ。

「曜変天目は天目山で僧侶たちが使っていたものです。日本人が持ち帰り、茶人の世界では唐物の最高峰として尊ばれてきました。今回はうれしい大発見です」(中国陶器に詳しい福田典子氏)

 これを機に骨董品の人気が高まりそうだが、偽物が多い世界でもある。「日本骨董学院」学院長で鑑定歴41年の細矢隆男氏が言う。

「一番偽物が多いのは掛け軸。江戸時代、参勤交代などで江戸に出てきた人が、お土産として買うことが多かった。それを当て込んで贋作を量産し箱入りで売ったからです。西洋絵画にも偽物が多く、ある美術館のゴッホの絵は贋作だというウワサがあるくらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る