“シュガー”“風呂屋のミッチー” 連続犯のあだ名どう決まる

公開日: 更新日:

「シュガー」の次は「風呂場のミッチー」だ。

 22日、警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された東京都世田谷区の無職、道端英樹容疑者(66)は、銭湯から入浴券を盗む手口で、これまで計40件以上(被害総額約80万円)の犯行に関与したとみられており、捜査関係者から「風呂場のミッチー」と呼ばれていた。

 21日、同じく警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された「シュガー」こと石川県輪島市の無職、若島康弘容疑者(51)は、事務所を荒らして回りながら、現場にあるプリンなどのスイーツを食い散らかして逃げていたことから、付いたあだ名が「シュガー」に「甘盗」「窃糖」。

 とまあ、なかなかうまいネーミングだが、こうした連続犯のあだ名は、誰がどうやって付けるのか。

「いくつかパターンがありますね」と、ある警視庁OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る