“シュガー”“風呂屋のミッチー” 連続犯のあだ名どう決まる

公開日: 更新日:

「シュガー」の次は「風呂場のミッチー」だ。

 22日、警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された東京都世田谷区の無職、道端英樹容疑者(66)は、銭湯から入浴券を盗む手口で、これまで計40件以上(被害総額約80万円)の犯行に関与したとみられており、捜査関係者から「風呂場のミッチー」と呼ばれていた。

 21日、同じく警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された「シュガー」こと石川県輪島市の無職、若島康弘容疑者(51)は、事務所を荒らして回りながら、現場にあるプリンなどのスイーツを食い散らかして逃げていたことから、付いたあだ名が「シュガー」に「甘盗」「窃糖」。

 とまあ、なかなかうまいネーミングだが、こうした連続犯のあだ名は、誰がどうやって付けるのか。

「いくつかパターンがありますね」と、ある警視庁OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る