• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“シュガー”“風呂屋のミッチー” 連続犯のあだ名どう決まる

「シュガー」の次は「風呂場のミッチー」だ。

 22日、警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された東京都世田谷区の無職、道端英樹容疑者(66)は、銭湯から入浴券を盗む手口で、これまで計40件以上(被害総額約80万円)の犯行に関与したとみられており、捜査関係者から「風呂場のミッチー」と呼ばれていた。

 21日、同じく警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された「シュガー」こと石川県輪島市の無職、若島康弘容疑者(51)は、事務所を荒らして回りながら、現場にあるプリンなどのスイーツを食い散らかして逃げていたことから、付いたあだ名が「シュガー」に「甘盗」「窃糖」。

 とまあ、なかなかうまいネーミングだが、こうした連続犯のあだ名は、誰がどうやって付けるのか。

「いくつかパターンがありますね」と、ある警視庁OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る