• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今や常識? 企業も無視できない「親子就活」驚きの実態

「親子就活」というワードでグーグル検索すると約57万3000件もヒットする(16日現在)。

 きっかけは、2008年リーマン・ショック後の就職難。親が会社説明会に出向くなど、親子で内定を目指すようになった。一昔前なら考えられなかったが、大手就職サイト主催のイベントでも親子参加の講座が普通にある。大手企業の保護者向け会社説明会も珍しくない。「キレイゴトぬきの就活論」(新潮新書)の著者で大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が言う。

「企業の採用担当者の間で『親確』というスラングが飛び交っています。親の意思確認の略で、内定を出した学生に『親は大丈夫?』と尋ね、親の反対で辞退されないようにする。学生の実家に親宛ての手紙や会社のパンフレット、製品を送るなど、あれやこれや苦労していると聞きます」

 親が面接会場に「息子が遅刻しそう」と電話する。「娘はなぜ落ちたのか?」と理由を問い合わせる。親が納得できない会社だと、「内定を取り消してくれ」と頼んでくる……いずれも、親子就活の“あるある話”なんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る