日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

素数ものさしを開発 「不便な中に新しい発見のチャンス」

人生で一度も携帯電話を持ったことがないが「困ったことはない」/(C)日刊ゲンダイ

京都大学デザイン学ユニット 川上浩司教授

 効率化された世の中であえて不便な方法を選ぶことで、むしろ有益な生活を送れるという考えに基づき、不便さがもたらす益=「不便益」を研究している。

 京大工学部の学生時代は人工知能を学んだ。1998年、准教授として再び京大に戻った時、師匠の片井修先生のひ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事