• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

番外編<下>「たたり」研究者と「仕掛け学」研究者

山田雄司教授(左)と松村真宏教授/(C)日刊ゲンダイ

鎌倉は怨霊から守るために設計した町

 忍者学の研究者として知られる三重大人文学部・山田雄司教授(博士)はもともと、怨霊、たたりを研究していた。小学生の時に心霊写真を見て関心を持ったからだ。歴史上、天変地異の原因は霊にあると考えられていた。

「奈良時代から戦国時代までは、非業の死を遂げた…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事