日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昆虫の羽を研究 飛行の特性を利用し「火星飛行機」開発へ

金沢工業大学・岡本正人教授と火星飛行機の模型(C)日刊ゲンダイ

岡本正人教授 金沢工業大学 工学部機械系 航空システム工学科

 1990年ごろからトンボ、コガネムシ、チョウなど昆虫の翅を研究し、飛行の特性を調べている。

「学生時代から模型飛行機が好きでした。形状は本物に似せているのに、小さくするほど飛ばなくなる。そこに疑問を持ったのが研究のスタートです。昆虫は翅がついている…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事