昆虫の羽を研究 飛行の特性を利用し「火星飛行機」開発へ

公開日:
金沢工業大学・岡本正人教授と火星飛行機の模型(C)日刊ゲンダイ

岡本正人教授 金沢工業大学 工学部機械系 航空システム工学科

 1990年ごろからトンボ、コガネムシ、チョウなど昆虫の翅を研究し、飛行の特性を調べている。

「学生時代から模型飛行機が好きでした。形状は本物に似せているのに、小さくするほど飛ばなくなる。そこに疑問を持ったのが研究のスタートです。昆虫は翅がついている…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る