LINEがきっかけ…マルチ商法被害が若者に拡大する背景

公開日: 更新日:

 マルチ商法がSNSを介して若者の間に拡大している。

 磁気健康器具などを媒介にマルチ商法を展開する「ジャパンライフ」が事実上倒産し、負債総額2405億円の回収はほぼ困難になった。被害者の75%が70代以上の高齢者で、1人当たりの平均被害額は1860万円ほど。磁気ネックレスなどを100万~600万円で購入させ、その商品を他の客にレンタルして購入価格の年率6~8%を配当するとうたって勧誘する古典的なマルチだ。

 同社には、消費者庁が昨年12月に「連鎖販売業に係る連鎖販売取引」などで12カ月の業務停止命令を下している。ジャパンライフはこれも含め、16年12月から17年12月までに計4回の業務停止命令を受けた札付きのワル。本紙は、何度も同社とマスコミや政治家との癒着を報じたが、消費者庁の課長補佐が同社に天下りしていたのだから問題の根は深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る