松居一代は落ち着いたが…“SNSで暴走”しないための心構え

公開日:

 4日に東京家裁で、離婚調停がスタートした女優の松居一代(60)。

「実はもう……1年5カ月も尾行され続けているの」――6月27日付の自身のブログで“恐怖の告白”をしてから、2カ月余り。当初は夫で俳優の船越英一郎を“口撃”し続けたが、さすがに落ち着きを取り戻してきたようで、5日付のブログでは「いつも、あったか~く家族に見守ってもらっていっぱい感謝しています」「私は、お陰さんで大丈夫です」。

 2014年9月に覚醒剤使用などで懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKAのブログも、一時は「盗聴盗撮集団」に警告を発するなどしていたが、最近は、音楽活動の近況をファンに伝える内容がほとんど。6月に30年連れ添った妻と離婚するなど、いろいろあったが、ASKAもすっかり落ち着きを取り戻しつつあるようだ。

 一方、戦う姿勢を崩していないのが、3年前に「号泣議員」として時の人になった野々村竜太郎元兵庫県議。8月27日付の自身のブログで「私だけを非難し攻撃することで、視聴率や講読者数、閲覧数が増えるという発想そのものが、人権侵害であり、人間差別」とつづるなど、マスコミ批判を繰り返している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る