松居一代は落ち着いたが…“SNSで暴走”しないための心構え

公開日:

 4日に東京家裁で、離婚調停がスタートした女優の松居一代(60)。

「実はもう……1年5カ月も尾行され続けているの」――6月27日付の自身のブログで“恐怖の告白”をしてから、2カ月余り。当初は夫で俳優の船越英一郎を“口撃”し続けたが、さすがに落ち着きを取り戻してきたようで、5日付のブログでは「いつも、あったか~く家族に見守ってもらっていっぱい感謝しています」「私は、お陰さんで大丈夫です」。

 2014年9月に覚醒剤使用などで懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKAのブログも、一時は「盗聴盗撮集団」に警告を発するなどしていたが、最近は、音楽活動の近況をファンに伝える内容がほとんど。6月に30年連れ添った妻と離婚するなど、いろいろあったが、ASKAもすっかり落ち着きを取り戻しつつあるようだ。

 一方、戦う姿勢を崩していないのが、3年前に「号泣議員」として時の人になった野々村竜太郎元兵庫県議。8月27日付の自身のブログで「私だけを非難し攻撃することで、視聴率や講読者数、閲覧数が増えるという発想そのものが、人権侵害であり、人間差別」とつづるなど、マスコミ批判を繰り返している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る