• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松居一代は落ち着いたが…“SNSで暴走”しないための心構え

 4日に東京家裁で、離婚調停がスタートした女優の松居一代(60)。

「実はもう……1年5カ月も尾行され続けているの」――6月27日付の自身のブログで“恐怖の告白”をしてから、2カ月余り。当初は夫で俳優の船越英一郎を“口撃”し続けたが、さすがに落ち着きを取り戻してきたようで、5日付のブログでは「いつも、あったか~く家族に見守ってもらっていっぱい感謝しています」「私は、お陰さんで大丈夫です」。

 2014年9月に覚醒剤使用などで懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKAのブログも、一時は「盗聴盗撮集団」に警告を発するなどしていたが、最近は、音楽活動の近況をファンに伝える内容がほとんど。6月に30年連れ添った妻と離婚するなど、いろいろあったが、ASKAもすっかり落ち着きを取り戻しつつあるようだ。

 一方、戦う姿勢を崩していないのが、3年前に「号泣議員」として時の人になった野々村竜太郎元兵庫県議。8月27日付の自身のブログで「私だけを非難し攻撃することで、視聴率や講読者数、閲覧数が増えるという発想そのものが、人権侵害であり、人間差別」とつづるなど、マスコミ批判を繰り返している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る