小室哲哉は電撃引退 介護をする人は恋してはいけないの?

公開日:

「引退しなくても……」

 引退に追い込んだ小室哲哉(59)の不倫疑惑報道が波紋を広げている。会見では、妻KEIKO(45)への介護のつらさを吐露。高齢社会の今、介護問題は決して他人事ではなく、ファンならずとも小室同情論が拡大した格好で、よくある芸能人の不倫報道とは一線を画す展開を見せている。果たして介護している人には、トキメキが必要なのか。

「未婚当然時代」の著者・にらさわあきこ氏は、「家族を介護・看護している人ほど、トキメキが重要です」とこう言う。

「そういう人は日常生活の中での自由度がかなり低い。それは物理的な時間の問題ではありません。精神的にも『介護せずに自由にしてはいけない』と思うあまり、息抜きする時間やお金を自ら削ってしまう傾向があります。それで、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積、介護する側も、される側もお互いにとってよくない状態を招くのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る