小室哲哉は看護師に 男女問題研究家が明かす「介護と恋愛」

公開日: 更新日:

「精神的に支えられた」

 引退を発表した音楽プロデューサーの小室哲哉は、不倫疑惑を報じられた看護師A子さんについてそう語っていた。療養中の妻KEIKOの介護疲れから、相談相手だったA子さんに好意を持ったというが、実際にそれで離婚を考える人は珍しくないそうだ。

「『好きな人ができてしまい、気持ちが追いつかずに介護ができなくなった』と相談に来る人も、実は少なくありません。相手は、大半は相談していた義理のきょうだいなど身近な人。普通なら、『あり得ない』と非難される相手です。もちろん一線は越えず、他の人を好きになることに罪悪感を抱え、思い詰めるケースが多い」(男女問題研究家の山崎世美子氏)

 ある40代女性は、肺がんだった夫と離婚。12年前に結婚し、がんが発覚したのは、その3年後のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事