50歳でバンドデビュー 「クレージー中年」という生き方

公開日:

【クレージー中年】(くれーじーちゅうねん)とは、「日刊ゲンダイ」が尊敬と羨望の意を込めて勝手に命名した造語である。年齢を言い訳に諦めてしまうのではなく、やりたいと思ったら後先考えずにやる。そんなやんちゃゴコロを駆り立てたものは何なのか。 (取材・文 絹見誠司)

■「ナメダルマ親方」こと島本慶さん(66)

 バンド名は「哀愁」を意味する「ペーソス」。 中年男性の悲哀を切々と歌い上げるバンドのリードボーカルの島本慶は齢66を数え、誰が見ても立派なオヤジというしかないが、彼には「ナメダルマ親方」という“もうひとつの顔”がある。

 各週刊誌、スポーツ新聞、夕刊紙などの風俗コーナーに独特のタッチの4コマ漫画と「タマランチ会長!」「パックシフンゴマラ!」といった軽妙な文章で自らのエロ体験をせっせと披歴してきた、エロ業界で知らない人はいない! といわれる名物ライターなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る