• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50歳でバンドデビュー 「クレージー中年」という生き方

【クレージー中年】(くれーじーちゅうねん)とは、「日刊ゲンダイ」が尊敬と羨望の意を込めて勝手に命名した造語である。年齢を言い訳に諦めてしまうのではなく、やりたいと思ったら後先考えずにやる。そんなやんちゃゴコロを駆り立てたものは何なのか。 (取材・文 絹見誠司)

■「ナメダルマ親方」こと島本慶さん(66)

 バンド名は「哀愁」を意味する「ペーソス」。 中年男性の悲哀を切々と歌い上げるバンドのリードボーカルの島本慶は齢66を数え、誰が見ても立派なオヤジというしかないが、彼には「ナメダルマ親方」という“もうひとつの顔”がある。

 各週刊誌、スポーツ新聞、夕刊紙などの風俗コーナーに独特のタッチの4コマ漫画と「タマランチ会長!」「パックシフンゴマラ!」といった軽妙な文章で自らのエロ体験をせっせと披歴してきた、エロ業界で知らない人はいない! といわれる名物ライターなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る