50歳でバンドデビュー 「クレージー中年」という生き方

公開日: 更新日:

【クレージー中年】(くれーじーちゅうねん)とは、「日刊ゲンダイ」が尊敬と羨望の意を込めて勝手に命名した造語である。年齢を言い訳に諦めてしまうのではなく、やりたいと思ったら後先考えずにやる。そんなやんちゃゴコロを駆り立てたものは何なのか。 (取材・文 絹見誠司)

■「ナメダルマ親方」こと島本慶さん(66)

 バンド名は「哀愁」を意味する「ペーソス」。 中年男性の悲哀を切々と歌い上げるバンドのリードボーカルの島本慶は齢66を数え、誰が見ても立派なオヤジというしかないが、彼には「ナメダルマ親方」という“もうひとつの顔”がある。

 各週刊誌、スポーツ新聞、夕刊紙などの風俗コーナーに独特のタッチの4コマ漫画と「タマランチ会長!」「パックシフンゴマラ!」といった軽妙な文章で自らのエロ体験をせっせと披歴してきた、エロ業界で知らない人はいない! といわれる名物ライターなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る