• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「遠くから自分を見下ろす」 漫画家・浦沢直樹の人生哲学

「たかが漫画」や「漫画みたいなこと」などと言いますよね。漫画をなんとなく下に見る風潮がずっとあるんです。そんな世間一般の漫画に対する認識を変えたいという気持ちはずっとありました。

 そこから生まれたのが、NHKの「漫勉」(※注記)。「漫画について知らなすぎる。もっと正当に評価してほしい」なんてテレビプロデューサーに話していたら、「あなたがMC(司会)やるんだったら、企画書作るよ」となったんです。

 立ち上げから画面構成まですべて関わりました。台本もなく、現場に着いたらピンマイクを付けられて、あとは自由にどうぞと。カメラマンが横にいると漫画を描けなくなりますから、漫画家がストレスを感じない撮影機材も、僕を実験台にして考えだしました。

 反響は想像以上で、プロデューサーが「あの時間帯のEテレで見たことがないような視聴率」と言うほど。漫画を知らない人がそこそこいるだろうな、とは思っていましたが、こちらがびっくりするほどの大反響でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る