「遠くから自分を見下ろす」 漫画家・浦沢直樹の人生哲学

公開日: 更新日:

「たかが漫画」や「漫画みたいなこと」などと言いますよね。漫画をなんとなく下に見る風潮がずっとあるんです。そんな世間一般の漫画に対する認識を変えたいという気持ちはずっとありました。

 そこから生まれたのが、NHKの「漫勉」(※注記)。「漫画について知らなすぎる。もっと正当に評価してほしい」なんてテレビプロデューサーに話していたら、「あなたがMC(司会)やるんだったら、企画書作るよ」となったんです。

 立ち上げから画面構成まですべて関わりました。台本もなく、現場に着いたらピンマイクを付けられて、あとは自由にどうぞと。カメラマンが横にいると漫画を描けなくなりますから、漫画家がストレスを感じない撮影機材も、僕を実験台にして考えだしました。

 反響は想像以上で、プロデューサーが「あの時間帯のEテレで見たことがないような視聴率」と言うほど。漫画を知らない人がそこそこいるだろうな、とは思っていましたが、こちらがびっくりするほどの大反響でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る