「遠くから自分を見下ろす」 漫画家・浦沢直樹の人生哲学

公開日:  更新日:

「たかが漫画」や「漫画みたいなこと」などと言いますよね。漫画をなんとなく下に見る風潮がずっとあるんです。そんな世間一般の漫画に対する認識を変えたいという気持ちはずっとありました。

 そこから生まれたのが、NHKの「漫勉」(※注記)。「漫画について知らなすぎる。もっと正当に評価してほしい」なんてテレビプロデューサーに話していたら、「あなたがMC(司会)やるんだったら、企画書作るよ」となったんです。

 立ち上げから画面構成まですべて関わりました。台本もなく、現場に着いたらピンマイクを付けられて、あとは自由にどうぞと。カメラマンが横にいると漫画を描けなくなりますから、漫画家がストレスを感じない撮影機材も、僕を実験台にして考えだしました。

 反響は想像以上で、プロデューサーが「あの時間帯のEテレで見たことがないような視聴率」と言うほど。漫画を知らない人がそこそこいるだろうな、とは思っていましたが、こちらがびっくりするほどの大反響でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る