気鋭の映画監督まで「この仕事は人脈が命」と泣き寝入り

公開日:

 ギャラ未払いが横行するクリエーティブ業界。「好きなことを仕事にしたんだから、多少の苦労はしかたない」という人もいるが、そうした「やりがい搾取」の考え方がまかり通ってしまえば、日本の労働環境は悪化の一途をたどるのみだ。

 それはわかっていても、「これで食っていく」ために、フリーランスたちは理不尽に屈せざるを得ないことが多い。

「ギャラをしつこく請求することで、面倒なやつだと思われて次の仕事がこなくなるというのは避けたい。過去に7、8回未払いを受けましたが、どれも最終的には諦めてきました」

 と話すのは、映画監督のYさん。脚本や演出など映画業界で多才な活躍を見せているが、その裏では何度も未払いの悔しさを味わっている。

「一番ひどかったのは、M野監督に受けた未払い。多数の受賞経験があり、大学で講師も務めるM野さんから、数十万のギャラを踏み倒されました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る