舞妓さんもやっている 猛暑でも汗がピタリと引く裏ワザは

公開日:

 大量の汗でワイシャツが肌に張りつき、自力シースルーになっている男性を街で時々見かける。

 透け乳首は生理的にダメというOLは多い。これが訪問先なら相手の心証も害することになる。女性も汗でメークが落ちれば、せっかくの笑顔も台無しだ。

 サッと汗を引かせる裏ワザはないものか。

 取引先の会社へ着く前に、目を皿のようにしてコンビニを探そう。冷たいアイスで体を冷やすのもいいが、もっと高い効果を期待するなら、凍ったペットボトルを購入。それを手首、脇の下、首筋に押し付ければ、早い人なら10分で汗が引いてくる。

 汗の専門家である五味クリニックの五味常明院長によると、「当てる場所はリンパではなく、正しくは動脈」だ。

 究極の裏ワザは、舞妓や芸妓、歌舞伎役者らも行っている「皮膚圧―半側発汗反射」という方法だ。舞妓さんたちは夏場、脇の下から胸の上にかけてサラシを巻く。圧迫された胸から上は交感神経の働きが鈍り、皮膚温、血圧、発汗が下がる。顔に汗をかかなくなるので、化粧落ちも気にしなくていいわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る