舞妓さんもやっている 猛暑でも汗がピタリと引く裏ワザは

公開日:

 大量の汗でワイシャツが肌に張りつき、自力シースルーになっている男性を街で時々見かける。

 透け乳首は生理的にダメというOLは多い。これが訪問先なら相手の心証も害することになる。女性も汗でメークが落ちれば、せっかくの笑顔も台無しだ。

 サッと汗を引かせる裏ワザはないものか。

 取引先の会社へ着く前に、目を皿のようにしてコンビニを探そう。冷たいアイスで体を冷やすのもいいが、もっと高い効果を期待するなら、凍ったペットボトルを購入。それを手首、脇の下、首筋に押し付ければ、早い人なら10分で汗が引いてくる。

 汗の専門家である五味クリニックの五味常明院長によると、「当てる場所はリンパではなく、正しくは動脈」だ。

 究極の裏ワザは、舞妓や芸妓、歌舞伎役者らも行っている「皮膚圧―半側発汗反射」という方法だ。舞妓さんたちは夏場、脇の下から胸の上にかけてサラシを巻く。圧迫された胸から上は交感神経の働きが鈍り、皮膚温、血圧、発汗が下がる。顔に汗をかかなくなるので、化粧落ちも気にしなくていいわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る