酷暑4市はサミット開催 自治体がしのぎ削る“猛暑ビジネス”

公開日: 更新日:

 記録的な猛暑が続くなか、さらなる暑さを望んでいる人もいるようだ。

 19日も全国的に気温が上がり、京都市で最高気温39.8度を記録するなど各地で猛暑日になった。暑さで地方もヘトヘトになっていると思いきや、そうでもないようだ。

 ここ数年、毎年、夏になると「埼玉県熊谷市」と「群馬県館林市」が、日本一暑い町を競い合っているのは有名だ。2012年には館林市の温度計が、あえて気温が高く計測されやすい駐車場近くに置かれていたという「ドーピング疑惑」が、ネット上で物議を醸した。

 さらに、41.0度と猛暑歴代日本一の「四万十市」、07年に40・9度を記録した「熊谷市」「多治見市」に加え、1933年に40.8度を記録し、74年間もトップの座にいた「山形市」の商工会議所などの民間団体は、「アツいまちサミット」まで結成している。ホームページ上では毎日4市の最高気温が記録され、暑さを競い合いつつ、ちゃっかりと地域の宣伝もしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る