酷暑4市はサミット開催 自治体がしのぎ削る“猛暑ビジネス”

公開日:

 記録的な猛暑が続くなか、さらなる暑さを望んでいる人もいるようだ。

 19日も全国的に気温が上がり、京都市で最高気温39.8度を記録するなど各地で猛暑日になった。暑さで地方もヘトヘトになっていると思いきや、そうでもないようだ。

 ここ数年、毎年、夏になると「埼玉県熊谷市」と「群馬県館林市」が、日本一暑い町を競い合っているのは有名だ。2012年には館林市の温度計が、あえて気温が高く計測されやすい駐車場近くに置かれていたという「ドーピング疑惑」が、ネット上で物議を醸した。

 さらに、41.0度と猛暑歴代日本一の「四万十市」、07年に40・9度を記録した「熊谷市」「多治見市」に加え、1933年に40.8度を記録し、74年間もトップの座にいた「山形市」の商工会議所などの民間団体は、「アツいまちサミット」まで結成している。ホームページ上では毎日4市の最高気温が記録され、暑さを競い合いつつ、ちゃっかりと地域の宣伝もしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る