酷暑4市はサミット開催 自治体がしのぎ削る“猛暑ビジネス”

公開日: 更新日:

 記録的な猛暑が続くなか、さらなる暑さを望んでいる人もいるようだ。

 19日も全国的に気温が上がり、京都市で最高気温39.8度を記録するなど各地で猛暑日になった。暑さで地方もヘトヘトになっていると思いきや、そうでもないようだ。

 ここ数年、毎年、夏になると「埼玉県熊谷市」と「群馬県館林市」が、日本一暑い町を競い合っているのは有名だ。2012年には館林市の温度計が、あえて気温が高く計測されやすい駐車場近くに置かれていたという「ドーピング疑惑」が、ネット上で物議を醸した。

 さらに、41.0度と猛暑歴代日本一の「四万十市」、07年に40・9度を記録した「熊谷市」「多治見市」に加え、1933年に40.8度を記録し、74年間もトップの座にいた「山形市」の商工会議所などの民間団体は、「アツいまちサミット」まで結成している。ホームページ上では毎日4市の最高気温が記録され、暑さを競い合いつつ、ちゃっかりと地域の宣伝もしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る