酷暑4市はサミット開催 自治体がしのぎ削る“猛暑ビジネス”

公開日:

 記録的な猛暑が続くなか、さらなる暑さを望んでいる人もいるようだ。

 19日も全国的に気温が上がり、京都市で最高気温39.8度を記録するなど各地で猛暑日になった。暑さで地方もヘトヘトになっていると思いきや、そうでもないようだ。

 ここ数年、毎年、夏になると「埼玉県熊谷市」と「群馬県館林市」が、日本一暑い町を競い合っているのは有名だ。2012年には館林市の温度計が、あえて気温が高く計測されやすい駐車場近くに置かれていたという「ドーピング疑惑」が、ネット上で物議を醸した。

 さらに、41.0度と猛暑歴代日本一の「四万十市」、07年に40・9度を記録した「熊谷市」「多治見市」に加え、1933年に40.8度を記録し、74年間もトップの座にいた「山形市」の商工会議所などの民間団体は、「アツいまちサミット」まで結成している。ホームページ上では毎日4市の最高気温が記録され、暑さを競い合いつつ、ちゃっかりと地域の宣伝もしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る