鞄やオフィスに準備したい冷感グッズ5選 コスパ採点付き

公開日: 更新日:

 先週、18日(水)、岐阜県多治見市の最高気温は40.7度を記録した。九州から東北まで全国各地で35度超えを連発。日本列島は灼熱列島と化したといってもいい。この記録的な暑さをいかにしてしのぎ、やり過ごすか。今週は5日間、その具体策を徹底的に探る――。

 シャツにシュッとひと吹きすれば冷や~。去年は冷感スプレーが大ヒット。満員電車に乗る前などに便利だった。

「今年はシーズン初めに一気に売れてしまい、いま在庫がない状態です」(大手ドラッグストア広報担当者)

 中央区で2店舗を探したが商品はナシ。ほかに手っ取り早く“体を冷やす”グッズはないのか? 記者が利用する東西線葛西駅前のドラッグストアには、店頭に冷感グッズコーナーがあった。ここで商品を購入して試してみた。(★5個=最高点。コスパも含めた評価。価格は店頭価格)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る