• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鞄やオフィスに準備したい冷感グッズ5選 コスパ採点付き

 先週、18日(水)、岐阜県多治見市の最高気温は40.7度を記録した。九州から東北まで全国各地で35度超えを連発。日本列島は灼熱列島と化したといってもいい。この記録的な暑さをいかにしてしのぎ、やり過ごすか。今週は5日間、その具体策を徹底的に探る――。

 シャツにシュッとひと吹きすれば冷や~。去年は冷感スプレーが大ヒット。満員電車に乗る前などに便利だった。

「今年はシーズン初めに一気に売れてしまい、いま在庫がない状態です」(大手ドラッグストア広報担当者)

 中央区で2店舗を探したが商品はナシ。ほかに手っ取り早く“体を冷やす”グッズはないのか? 記者が利用する東西線葛西駅前のドラッグストアには、店頭に冷感グッズコーナーがあった。ここで商品を購入して試してみた。(★5個=最高点。コスパも含めた評価。価格は店頭価格)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る