浅草の老舗バー直伝 残暑忘れる「自宅で簡単ハイボール」

公開日: 更新日:

 キリッと冷えたハイボールは、暑い夏のご褒美だ。しかし、ソーダが比較的多い分、家の料理に合わせると物足りないという人も。ワンランク上の“味わえる”ハイボールはできないものか。原酒が不足するほどのハイボールブーム――東京・浅草で創業58年の老舗バー「ねも」のマスター・根本寛さんにおいしい作り方を聞いた。

 その起源は諸説ある。スコットランドのゴルフ場で競技や観戦の合間に素早くウイスキーを飲むためソーダを入れたり、19世紀のアメリカの鉄道員が重労働で渇いた喉を潤すため水で割ったりしたのがハイボールの始まりとか。安酒を少しでもおいしく飲むための工夫で、今なお「高い酒をハイボールにするのはもったいない」というイメージを持つ人もいるが、そんなに構えずに楽しめばいいだろう。

「銘酒といわれるウイスキーも、随分と手頃になりました。ご家庭で飲むのなら、ちょっと奮発してもいいのでは。おいしく楽しむコツは、ソーダの量は少なめにすることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る