• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅草の老舗バー直伝 残暑忘れる「自宅で簡単ハイボール」

投稿日:

 キリッと冷えたハイボールは、暑い夏のご褒美だ。しかし、ソーダが比較的多い分、家の料理に合わせると物足りないという人も。ワンランク上の“味わえる”ハイボールはできないものか。原酒が不足するほどのハイボールブーム――東京・浅草で創業58年の老舗バー「ねも」のマスター・根本寛さんにおいしい作り方を聞いた。

 その起源は諸説ある。スコットランドのゴルフ場で競技や観戦の合間に素早くウイスキーを飲むためソーダを入れたり、19世紀のアメリカの鉄道員が重労働で渇いた喉を潤すため水で割ったりしたのがハイボールの始まりとか。安酒を少しでもおいしく飲むための工夫で、今なお「高い酒をハイボールにするのはもったいない」というイメージを持つ人もいるが、そんなに構えずに楽しめばいいだろう。

「銘酒といわれるウイスキーも、随分と手頃になりました。ご家庭で飲むのなら、ちょっと奮発してもいいのでは。おいしく楽しむコツは、ソーダの量は少なめにすることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る