浅草の老舗バー直伝 残暑忘れる「自宅で簡単ハイボール」

公開日:

 キリッと冷えたハイボールは、暑い夏のご褒美だ。しかし、ソーダが比較的多い分、家の料理に合わせると物足りないという人も。ワンランク上の“味わえる”ハイボールはできないものか。原酒が不足するほどのハイボールブーム――東京・浅草で創業58年の老舗バー「ねも」のマスター・根本寛さんにおいしい作り方を聞いた。

 その起源は諸説ある。スコットランドのゴルフ場で競技や観戦の合間に素早くウイスキーを飲むためソーダを入れたり、19世紀のアメリカの鉄道員が重労働で渇いた喉を潤すため水で割ったりしたのがハイボールの始まりとか。安酒を少しでもおいしく飲むための工夫で、今なお「高い酒をハイボールにするのはもったいない」というイメージを持つ人もいるが、そんなに構えずに楽しめばいいだろう。

「銘酒といわれるウイスキーも、随分と手頃になりました。ご家庭で飲むのなら、ちょっと奮発してもいいのでは。おいしく楽しむコツは、ソーダの量は少なめにすることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る