親と同居などの条件減も…「農家に嫁入り」なぜ嫌われる?

公開日: 更新日:

 人口減少が進む日本。特に少子高齢化が著しい農村部では、多くの自治体が「消滅可能性都市」に数えられている。今、これを食い止めるべく、多くの農村が「嫁不足の解決」に取り組み中だ。

 結婚相談所など婚活を支援する企業でも、農村と都市部の男女のマッチングを後押しする動きが出てきている。たとえば、2016年には農業専門の婚活サイト「Raitai」が登場。代表の岩立友紀子さんは、「田舎暮らしや農業に興味を持っている都会の女性は少なくない」と言う。しかし、結婚にたどり着くには、さまざまな壁がある。

「自治体の婚活支援は、2~3時間のパーティー開催がほとんど。短時間では相手の良さがよくわからず、顔やプロフィルのみで判断することになり、結局、『いい人がいなかった』ということになりかねません。都会と比べて女性の扱いに慣れていない男性が多く、第一印象だけで決めるには無理があるんです」(岩立さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る