親と同居などの条件減も…「農家に嫁入り」なぜ嫌われる?

公開日:

 人口減少が進む日本。特に少子高齢化が著しい農村部では、多くの自治体が「消滅可能性都市」に数えられている。今、これを食い止めるべく、多くの農村が「嫁不足の解決」に取り組み中だ。

 結婚相談所など婚活を支援する企業でも、農村と都市部の男女のマッチングを後押しする動きが出てきている。たとえば、2016年には農業専門の婚活サイト「Raitai」が登場。代表の岩立友紀子さんは、「田舎暮らしや農業に興味を持っている都会の女性は少なくない」と言う。しかし、結婚にたどり着くには、さまざまな壁がある。

「自治体の婚活支援は、2~3時間のパーティー開催がほとんど。短時間では相手の良さがよくわからず、顔やプロフィルのみで判断することになり、結局、『いい人がいなかった』ということになりかねません。都会と比べて女性の扱いに慣れていない男性が多く、第一印象だけで決めるには無理があるんです」(岩立さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る