親と同居などの条件減も…「農家に嫁入り」なぜ嫌われる?

公開日:

 人口減少が進む日本。特に少子高齢化が著しい農村部では、多くの自治体が「消滅可能性都市」に数えられている。今、これを食い止めるべく、多くの農村が「嫁不足の解決」に取り組み中だ。

 結婚相談所など婚活を支援する企業でも、農村と都市部の男女のマッチングを後押しする動きが出てきている。たとえば、2016年には農業専門の婚活サイト「Raitai」が登場。代表の岩立友紀子さんは、「田舎暮らしや農業に興味を持っている都会の女性は少なくない」と言う。しかし、結婚にたどり着くには、さまざまな壁がある。

「自治体の婚活支援は、2~3時間のパーティー開催がほとんど。短時間では相手の良さがよくわからず、顔やプロフィルのみで判断することになり、結局、『いい人がいなかった』ということになりかねません。都会と比べて女性の扱いに慣れていない男性が多く、第一印象だけで決めるには無理があるんです」(岩立さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る