• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球のユニホームにヨコ縞がない理由 服飾史研究家に聞く

 熱戦続く甲子園。各校のユニホームを見ていて気になった。なぜ、タテ縞(じま)はあるのに、ヨコ縞はないのか? プロ野球でもヨコ縞は見たことがない。

 衣服のルーツに詳しい服飾史研究家の辻元よしふみ氏によると、「野球というスポーツの歴史と特性に関係しています」という。

 米国で野球のユニホームが生まれたのは、19世紀半ば。当時は、衣服に柄という概念がなく、無地ばかりだった。ところが、19世紀後半になると、そのころの紳士服の流行を意識して、タテ縞のユニホームが登場した。ではヨコ縞は……。

「ヨコ縞は、そもそもとっぴな柄で、囚人や道化師が着るものでした。あと船乗りも魔よけとしてヨコ縞のシャツを着ていました」

 ヨコ縞が一般的に普及し始めたのは20世紀もかなり入ってから。そのころ登場したジャージー素材とともに、ラグビーやサッカーなどには早くから取り入れられたが、クラシックを重んじる野球には浸透しづらかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る