野球のユニホームにヨコ縞がない理由 服飾史研究家に聞く

公開日: 更新日:

 熱戦続く甲子園。各校のユニホームを見ていて気になった。なぜ、タテ縞(じま)はあるのに、ヨコ縞はないのか? プロ野球でもヨコ縞は見たことがない。

 衣服のルーツに詳しい服飾史研究家の辻元よしふみ氏によると、「野球というスポーツの歴史と特性に関係しています」という。

 米国で野球のユニホームが生まれたのは、19世紀半ば。当時は、衣服に柄という概念がなく、無地ばかりだった。ところが、19世紀後半になると、そのころの紳士服の流行を意識して、タテ縞のユニホームが登場した。ではヨコ縞は……。

「ヨコ縞は、そもそもとっぴな柄で、囚人や道化師が着るものでした。あと船乗りも魔よけとしてヨコ縞のシャツを着ていました」

 ヨコ縞が一般的に普及し始めたのは20世紀もかなり入ってから。そのころ登場したジャージー素材とともに、ラグビーやサッカーなどには早くから取り入れられたが、クラシックを重んじる野球には浸透しづらかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る