大丈夫か…メーカーの要望で農薬残留基準が緩和されていた

公開日: 更新日:

 農薬は、収穫前の農産物にかけてわざと枯れさせ、乾燥の手間を省くためにも使われるが、元農水大臣で弁護士の山田正彦氏はそうした使い方の拡大に懸念を示す。

「米国で広く行われている『プレハーベスト散布』と呼ばれる方法で、日本でもすでに、一部の民間企業が大豆の収穫において推奨しています。今後、この方法が、国産のコメにも適用されるかもしれません」

 同じ農薬を使い続けると、害虫や雑草に耐性ができてしまうため、より濃度の高い農薬が使われることがあるという。そして、農薬に耐性を持つ新たな遺伝子組み換え作物が開発されていくのだ。

 気付かぬうちに大量の農薬を摂取してしまうことになりかねない。 =つづく

 (取材=本紙・生田修平、高月太樹)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る