永井紗耶子さん<2>入社3カ月後…自律神経失調症で手が震え

公開日: 更新日:

 大学を出るまで横浜で育った永井さんが、産経新聞の研修で初めて訪れたのが、大阪のあいりん地区だった。その後、配属されたのは兵庫県の西宮支局。多忙な毎日とカルチャーショックで入社3カ月余りで体は悲鳴を上げ始めたという。

「不慣れなこととストレス、それに体力もなかったので、あるとき支局に帰ったら急に手が震えだしたんです。デスクに『震えが止まりません』と報告したら、『とりあえず家に帰れ!』と言われて、車に乗ろうと思っても運転できない。結局、宿直室で寝たのですが、それでも止まらなくて、病院に向かいました。医師からは、『胃が鉄板みたいになっています』と言われました。自律神経失調の症状でした。その影響で、体に震えが起きていたようです」

 それでも、就職氷河期に入れた会社を辞めることに踏ん切りはつかなかった。「なんとかならないのか」と葛藤したが、決断を後押ししたのは、父の言葉だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る