永井紗耶子さん<2>入社3カ月後…自律神経失調症で手が震え

公開日: 更新日:

 大学を出るまで横浜で育った永井さんが、産経新聞の研修で初めて訪れたのが、大阪のあいりん地区だった。その後、配属されたのは兵庫県の西宮支局。多忙な毎日とカルチャーショックで入社3カ月余りで体は悲鳴を上げ始めたという。

「不慣れなこととストレス、それに体力もなかったので、あるとき支局に帰ったら急に手が震えだしたんです。デスクに『震えが止まりません』と報告したら、『とりあえず家に帰れ!』と言われて、車に乗ろうと思っても運転できない。結局、宿直室で寝たのですが、それでも止まらなくて、病院に向かいました。医師からは、『胃が鉄板みたいになっています』と言われました。自律神経失調の症状でした。その影響で、体に震えが起きていたようです」

 それでも、就職氷河期に入れた会社を辞めることに踏ん切りはつかなかった。「なんとかならないのか」と葛藤したが、決断を後押ししたのは、父の言葉だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る