残間里江子さん<1>「一生働ける仕事に就くこと」を夢見た

公開日: 更新日:

 子供のころに思い描いた将来は「一生働ける仕事に就くこと」だった。仕事に恵まれない父親の背中を見ながら、貧しい環境で育った残間さんにとって、それは教訓めいた現実的な夢だった。

「小学校のころは、その日に食べるお米にも困るほど極貧でした。夜中にトイレで起きたとき、米びつにしていたブリキ缶をのぞき込み、残りが茶碗1杯ぐらいしかないときは『あっ、明日はおかゆなんだ……』と覚悟する。そんな環境で育ったんです」

 給食費も数カ月滞納していた。遠足費など学校にお金を持っていかなければならないときは、どのタイミングで親に話そうかと、迷うこともあったという。

「屈託だらけの子供時代でしたね。幼いころから、人は表面的に明るく笑っていても心の内側では違うことを考えているように感じていました。私自身が貧富で言えば『貧』の側でしたし、正か負かと言えば『負』のサイドにいた人間でしたから、人の持っている裏の顔に、関心や興味があったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る