加藤圭さん<1>臨床心理士の夢がぐらついた思い出の名人戦

公開日: 更新日:

 高校生棋士・藤井聡太七段(16)は先月、史上最年少で通算100局に到達。さらに快進撃を続けている。歴史的な才能の持ち主はともかく、棋士は社会経験がないまま、20歳前後でプロ入りする人がほとんどだが、今年6月にプロになった加藤圭女流二級は、「放課後等デイサービス」で契約社員として働いていたという異色の経歴の持ち主だ。

 棋士を目指すには幼少時からプロ棋士養成機関・奨励会や研修会で研鑽を積むのが一般的。ところが、加藤さんは大学院進学後に将棋に目覚め、プロを目指した。

「女流棋士を目指す前は、臨床心理士になろうと思っていました。学部選びをしていた高校生のころ、『何となく楽しく学べるかな』と心理学の道を志し、大学院受験を決めたときは、臨床心理士としてスクールカウンセラーになりたかったのです」

 川村学園女子大学で心理学を学ぶと、2014年、同大学院に進学する。臨床心理士試験を受けるには、大学院修了が基本条件だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る