加藤圭さん<1>臨床心理士の夢がぐらついた思い出の名人戦

公開日:

 高校生棋士・藤井聡太七段(16)は先月、史上最年少で通算100局に到達。さらに快進撃を続けている。歴史的な才能の持ち主はともかく、棋士は社会経験がないまま、20歳前後でプロ入りする人がほとんどだが、今年6月にプロになった加藤圭女流二級は、「放課後等デイサービス」で契約社員として働いていたという異色の経歴の持ち主だ。

 棋士を目指すには幼少時からプロ棋士養成機関・奨励会や研修会で研鑽を積むのが一般的。ところが、加藤さんは大学院進学後に将棋に目覚め、プロを目指した。

「女流棋士を目指す前は、臨床心理士になろうと思っていました。学部選びをしていた高校生のころ、『何となく楽しく学べるかな』と心理学の道を志し、大学院受験を決めたときは、臨床心理士としてスクールカウンセラーになりたかったのです」

 川村学園女子大学で心理学を学ぶと、2014年、同大学院に進学する。臨床心理士試験を受けるには、大学院修了が基本条件だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る