抗うつ剤以上の効果も 気分が落ち込んだらまず「運動」を

公開日: 更新日:

 気分が落ち込んだり、思い通りにならないと怒る人もいるだろう。そんな時はどうしたらいいのか。東京家政学院大学現代生活学部の加地雄一准教授が言う。

「運動が一番です。うつ症状がある場合、運動は抗うつ剤と同等かそれ以上の効果が認められています。抗うつ剤がターゲットにしているのと同じ脳内伝達物質や、脳由来神経栄養因子などに影響を与えるとされています」

 運動は痛みを和らげて気分を良くするエンドルフィンや幸福感を高めてくれるドーパミン、自尊心を高めて気分や衝動を調節するセロトニンなどを増やしてくれる。その一方でストレスを受けた時に分泌量を増やして心拍数を上げ、「闘争や逃走」の態勢を整える「ストレスホルモン」コルチゾールを調整してくれる。

 運動は短時間のジョギング、ダンベル運動で十分だ。ノーザンアリゾナ大学の心理学教授が健康な人を対象に10分の運動でも、活力と気分をすぐに向上させることを明らかにしている。オケラ街道を駅まで歩くのでもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る