肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

公開日:

 肺の病気にかかった乳児を抱え、酸素吸入器を引きながら飛行機に搭乗した女性客が、ファーストクラスの客から席を譲られた。機内でお礼を言うことができなかったため、フェイスブックに感謝のメッセージを投稿したところ、圧倒的な共感を呼び、急拡散している。

 英紙デイリーメール(12月10日付電子版)などによると、席を譲られたのは、米フロリダ州に住むケルシー・ズウィックさんと生後11カ月になる娘のルーシーちゃん。

 12月6日、ケルシーさんは、ベビーカーを押し、紙おむつのバッグを抱え、酸素吸入器を引っ張りながら、ペンシルベニア州のフィラデルフィア小児病院で治療を受けるため、フロリダのオーランド空港でアメリカン航空588便に乗ろうとしていた。

 機内の優先搭乗席に腰を落ち着けた時、客室乗務員がやって来て、「ファーストクラスのお客様が、よかったら席を代わりたい、とおっしゃっています」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る