「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ・エイド完全版が存在

公開日:

 音楽映画では空前の大ヒットになっている英ロックバンド「クイーン」のボーカル、故フレディ・マーキュリー(享年45)の半生を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」。

 映画のオープニングと最後には、「クイーン最高のパフォーマンス」と多くのファンが指摘する1985年7月の「ライブ・エイド」でのパフォーマンスの場面が使われている(写真)。

 約7万5000人の観客で埋め尽くされたロンドンのウェンブリースタジアムで行った圧巻のパフォーマンスは、実際には6曲、22分間にわたって繰り広げられた。

 しかし、ファンの方はお気づきだろうが、映画では「愛という名の欲望」と「ウィ・ウィル・ロック・ユー」の2曲がカットされ、13分間に短縮されている。

 フレディを演じたラミ・マレックが米エンタメサイト「デッドライン」(12月1日付)に語ったところによると、実はこのパフォーマンスの「完全版」が存在するという。しかも、それは22分間をワンテークで撮影したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る