GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

公開日: 更新日:

 今年のGWは、歴史的な10連休だ。いろいろな調査によると、半分くらいの人は連休を丸々休めるそうだが、2割程度は3連休未満というデータもある。実際に休めるかどうかはともかく、問題は生活に直結するサービスやサポートの有無だろう。どうするか。身近なことの対応やサービスを探った。

【ゴミ収集】

 年末年始はゴミ収集がイレギュラーになるが、今回は心配はない。たとえば、東京・世田谷区はゴミの収集は通常の曜日通り。そういう自治体が多いが、名古屋市のように「交通事情により、収集時間が通常とは大幅にずれる場合がある。収集当日の朝8時までの排出にご協力ください」とスムーズな収集への協力を呼びかける自治体も。詳しくは自治体のHPなどで確認を。

【子守り】

 保育園や学童クラブに登録していて開館していればいいが、そうでないとつらい。記者が探したところ、“秘策”があった。たとえば、東京・港区の「芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ」は「連休中も午前9時30分から午後6時15分まで開館。小学生以上なら、受付で氏名を記入すれば、子供だけで遊ぶことができます」(担当者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る