チケット獲得は絶望的でもタダで観戦できるオススメ3競技

公開日: 更新日:

 東京五輪のチケットは、すでに締め切った抽選販売のほか、秋以降に売れ残り分などが販売される。今後の販売分でゲットするのは至難のワザだろう。せっかくの自国開催、あきらめてはいけない。ライブで臨場感を味わえる試合もある――。

  ◇  ◇  ◇

■セーリング

 セーリング会場の江の島ヨットハーバーは、その名の通り神奈川・江の島にある。1964年大会の会場にもなった聖地で、敷地内の聖火台には時の年号と五輪マークが記されている。そこでの観戦(7月26日~8月5日)は1人3000円(予選)。“記念エントリー”にはお手頃だが、にわかファンは当日、ガッカリするはず。試合現場が遠すぎて肉眼では見えないのだ。

 昨年9月に本番のテスト大会として開かれたワールドカップでは、大型モニターを設置。慣れたファンは、スマホのアプリで各艇の位置を確認しながらモニターを追っていた。恐らく本番もそうなるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る