申し込み終了直前 大会最安値「3000円」サーフィンに応募

公開日: 更新日:

 2020年東京オリンピックは、7月24日の開会式に続き、競技は25日から8月9日までの16日間。同パラリンピックは8月25日から9月6日までの13日間だ。およそ1カ月半にわたる祭典に投じられる予算は最大3兆円。その多くが孫子の代へのツケとなる。

 東京五輪の観戦チケットの抽選申し込みに予約者が殺到している。大会組織委員会によると、チケット購入に必要なID登録数は500万人を突破。子孫に迷惑をかけると頭では分かっていても、周囲が騒いでいると参加せずにはいられない国民性が出ている。

 そのチケット料金は、開会式のA席30万円を筆頭に陸上の最高値13万円(男子100メートル決勝)、競泳の10万8000円、体操の7万2000円と全体的に高いな~と思う価格帯。もちろん、12歳以下の子供、60歳以上のシニア、障害者を含むグループが1人2020円で買える「みんなで応援チケット」のような割安チケットもあるが、予選競技であったり、観戦エリアから遠すぎて選手が豆粒にしか見えない“ワケあり”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る