ありそうでなかった外国人向けの書き込める「防災ベスト」

公開日: 更新日:

 地震が来たら「頭を守る」「机の下に隠れる」――日本人ならほとんどの人が思いつくこれらの行動、実は外国人にとってはハードルが高い。

「基本的な防災教育を幼少時から行っている国はまれで、パニックに陥る外国人旅行者も少なくありません。地震大国でもある日本滞在中に、『発災したら』と不安を感じている方は珍しくないのです」

 こう話すのは、消防防災・災害医療など各種安全用品の企画・販売を行う「ナカネ」の中根茂樹代表。“医療従事者ベスト”のマーケットにおいて、47都道府県のDMAT(災害派遣医療チーム)のうち44都道府県で製品が採用されるなど、業界のトップランナーだ。このナカネが開発したグッズが、ありそうでなかった防災用品「自由に書き込みができるベスト」。

 日本政府観光局によれば、2018年の訪日外国人数は、統計開始以来の最高記録となる3119万1900人を記録。東京五輪に向けて、この数はますます増えるだろう。言うまでもなく、これらの外国人観光客の全てが、日本語を理解できるわけではない。そこで、話せる言語や自身の状態を外国人観光客がベストに書き込めるようにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)