ありそうでなかった外国人向けの書き込める「防災ベスト」

公開日: 更新日:

 地震が来たら「頭を守る」「机の下に隠れる」――日本人ならほとんどの人が思いつくこれらの行動、実は外国人にとってはハードルが高い。

「基本的な防災教育を幼少時から行っている国はまれで、パニックに陥る外国人旅行者も少なくありません。地震大国でもある日本滞在中に、『発災したら』と不安を感じている方は珍しくないのです」

 こう話すのは、消防防災・災害医療など各種安全用品の企画・販売を行う「ナカネ」の中根茂樹代表。“医療従事者ベスト”のマーケットにおいて、47都道府県のDMAT(災害派遣医療チーム)のうち44都道府県で製品が採用されるなど、業界のトップランナーだ。このナカネが開発したグッズが、ありそうでなかった防災用品「自由に書き込みができるベスト」。

 日本政府観光局によれば、2018年の訪日外国人数は、統計開始以来の最高記録となる3119万1900人を記録。東京五輪に向けて、この数はますます増えるだろう。言うまでもなく、これらの外国人観光客の全てが、日本語を理解できるわけではない。そこで、話せる言語や自身の状態を外国人観光客がベストに書き込めるようにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る