【平和島編】路地の一角 小窓もない木のドアを開けると…

公開日: 更新日:

 京急線・平和島駅改札を出て、第一京浜とは反対の方に。駅から左に進むと、個人経営のレトロな定食屋の店内は居酒屋と化し、まだ宵の口なのにすでに赤ら顔の中高年で賑わってた。

 ボートレースで儲かったのかしら。車1台分の幅しかない通りには、他にも大衆的なそば屋や築50年以上は経ってるであろうキッチュな外観の古びた喫茶店、全品298円の中華食堂が軒を連ねていて、昭和の時代から手つかずの街並みが残ってたわ。

 懐かしい気分に浸りつつ、通りを1本、大森方面へ。スナックや居酒屋の明かりがちらほら点在する狭い路地は、ひっそりとして人影も少ない。

 スナックが2軒入った小さなマンションに“おふくろの味”と掲げられた小料理屋らしき看板がポツンと見えた。

 看板はあるけど、入り口はどこかしら。殺風景なマンションに足を踏み入れる。突き当たりを右に折れると、建物の奥に古いスナック風の木のドア。小窓もないドアには「営業中」の札が。お店には見えないわね。怖いお兄さんたちのたまり場だったら、どうしよう~。ドキドキしながら恐る恐るドアを引いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る