【国立駅南口編】ポツンと一軒飲み屋で育児談義に花が咲く

公開日: 更新日:

 シンボルの三角屋根は取り壊され、すっかり味気なくなったJR国立駅。南口から左斜め方向に真っすぐ延びる「旭通り」を10分ほど歩いた東二丁目交差点(左に行けば忌野清志郎が歌ったたまらん坂)を右に曲がった所に気になる酒場を見つけた。

 だだっ広いだけの殺風景な道路に、ポツンと一軒飲み屋。並びには飲食店すらない。店名は「やきとり 利久」。なぜこんな所に赤提灯が? 気になってのれんをくぐった。

 真っすぐ延びたカウンターの中にはタオルを頭に巻いた中年男の店主。客はやはり中年男が一人きり。奥には小上がりがあり、おばあちゃんと幼児、30代ぐらいの女性がいた。店主の母親と妻子だろう。

 空いていたのでカウンターの真ん中に陣取ると、目の前には大きな冷蔵庫。日本酒のビンがずらり並ぶ。生ビールでサクッと喉を潤して、日本酒を注文することに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る