加藤健一さん 帰郷のたびに母が買いに走った“モチガツオ”

公開日: 更新日:

 上質な海外作品の翻訳物を中心に年間3~4本の上演ペースを保っている加藤健一事務所。読売演劇大賞優秀男優賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章受章など受賞歴は数知れず。舞台俳優として脂の乗る加藤健一さん(69)が忘れられない逸品とは……。

  ◇  ◇  ◇

 生まれたのは静岡県磐田市の漁村。実家は農家で、父は村役場の仕事もしており、母は一日中、野良仕事に精を出していました。私は7人きょうだいの6番目。祖父母を入れて11人の大家族だったので、母もそんなに手の込んだ料理をしている暇はなかったと思います。簡単にできる焼き魚や煮魚が食卓のメインでしたね。食堂専用の大きな棟があり、みんなでそこに集まって食べるんです。

 生まれた頃は、まだ戦争の傷痕が残っている時代でしたが、田畑があるから米や野菜には困らない。ニワトリを飼っていたから卵は手に入るし、柿、ミカン、イチジク、桃など果物も作付けしていたので食材は豊富でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る