つまみ枝豆さん 特別な日はマグロフレークの“おぼろ寿司”

公開日: 更新日:

“たけし軍団”の一員としてバラエティーで活躍し、昨年、所属する「オフィス北野」の代表取締役社長に就任した、つまみ枝豆社長(61)が“おふくろの味”として思い出すのは“おぼろ寿司”だ。

「マグロのフレーク缶を砂糖で煮たもので作った押し寿司。誕生日とか正月とかおめでたい時には必ず作ってくれたし、近所で持ち寄ったりしていました。酢飯も少し甘めでね。育ったのが山の中なので生寿司より“おぼろ寿司”がうまくて、10個でも20個でも食えました。カミサン(タレントの江口ともみさん)に言ったら作ってくれたけど、どこか味が違うんですよね」

 故郷は、現静岡県伊豆市の天城湯ケ島。実家は浄蓮の滝の麓に広がるワサビ沢の大きなワサビ農家だった。石川さゆりの演歌「天城越え」のイメージがそのまま原風景だ。

「ガキの頃は、売り物にならない形の悪いワサビがいっぱい余ってたから、鍋料理の時にたくさんおろしてブワ~ッと入れて食べていた。天城のワサビは風味はあるけど、食べ慣れてたせいか辛さはあんまり感じなくて。それから、冬場に作ってくれた中にあんこの入ったおやつの小麦まんじゅうもメッチャクチャうまかった!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る